ことばの栞 / 佐藤 愛子

肝腎なことは、
暗い性格を明るくしようと努力することではなく、

例えば「この人はどんなことが好きで
どんなことを苦痛に思う人か」を考えることだと
私は思う。

つまり大事なのは創造力であり心配りである。

たとえ無口でおしゃべり下手であっても
熱心に人の話を聞けばいい。
そうすれば話している人は満足する

そういうことは性質とは関係なく出来ることで、
自分の性質のいやさを分析して歎くよりも、
他人に配慮する努力をすれば
それでよろしいのである。

佐藤 愛子 / 小説家

関連記事

PAGE TOP